カヤック「ノア号」と私たちの一日


by r-yoshida_noa

タコ釣り、敗退!

去年の11月以来何度も須崎市野見湾の中ノ島周辺に通ってきた。
目的はタコ釣り。子供の頭ぐらいある大ダコ、何度も糸を切られるか、タコの身が切れて仕掛けがはずれてきた。
場所はここ(中ノ島南側の×印)
d0129252_22433555.jpg

カヤックは磯や釣り道具で破れないように塩ビ製のカバーをつけて出艇。
d0129252_22455243.jpg

仕掛けは笑ってしまうような大物仕掛け。大型スピニングリールにPE糸12号、竿は特製のタコ釣り竿(普通のグラス竿の元2本だけ)。
d0129252_2249154.jpg
これで力ずくでタコを岩から離してしまう作戦だったが、さすがの大ダコ、力一杯竿を立てても海底から離れない。それどころか少しずつ海底を這い、テトラの方に向かっていく。海底が砂地だったらつり上げることができると思うが、そういう場所ではどうしても当たりがなく、岩地のところでよく当たりがあった。
今日は3回の当たりがあり、最初の2回はタコ釣り仕掛けがすごい力のため壊れ、リリース。
最後の仕掛けは最も信頼するDUEL社製ラバージグに大型の針をつけた自作仕掛け。
d0129252_2304792.jpg
右側は普通サイズの針、左側は特製の大型針を付けた仕掛け。
これで2時間半ぐらい格闘した。それでも10cmか20cmぐらいしか糸を巻くことができなかった。多分大人二人でもカヤックでは海底から引き離すことは難しいと思う。
午後になり、突風が吹き始め、イカリとタコに固定されたカヤックは風に翻弄され、転覆しそうになったため、やむを得ずナイフで12号PE糸を切った。
逆風の中、中ノ島の駐車場近くの浜に着いたときは、両腕はパンパンに張り、両膝はがくがくしていた。
今日の結論「大ダコはカヤックでは釣り上げられない」。たこつぼが効果的かもしれない。

僕が釣りをしている間、美都子と長崎のお母さんは五台山の牧野植物園に行き、きれいなランを見てきた。
d0129252_23143980.jpg
d0129252_23183591.jpg

[PR]
by r-yoshida_noa | 2009-02-11 23:20 | カヤックフィッシング