カヤック「ノア号」と私たちの一日


by r-yoshida_noa

カテゴリ:ウルトラマラソン( 8 )

徳島県海部郡美波町で19日開催された第5回千羽海岸コースタール・トレイルランニングレースに参加してきました。友人よりコースがほとんど階段の上り下りで、階段地獄や乳酸地獄と聞かされていました。
前日の宿泊はホテル「白い燈台」で、夕食はアワビの刺身とステーキだった。
d0129252_23364442.jpg
ホテルから見える大浜海岸がゴールだが、この海岸はウミガメが産卵することで知られている。
d0129252_2337686.jpg

大会は朝8時スタート、ロングコース(34km)に申し込んだ。
思った以上に階段が多く、急で、道ばたで拾った枯れ木を杖にしてひたすら登った。
予定より50分以上遅い5時間52分(576人中263位)でゴールしたが、足は階段の上り下りでパンパンだった。
d0129252_23431439.jpg

d0129252_23434979.jpg

d0129252_2355480.jpg

帰りは行きと同じく四つ足峠越えで帰ることとし、途中べふ峡温泉でお風呂に入ってその後夕食を食べる計画だった。前日四つ足峠越えで徳島に行ったときには道のわきに雪が少しあるぐらいだったが、今日の雪で結構道には雪が残っていた。
d0129252_23474918.jpg

雪のべふ峡温泉で体を暖め、夕食はもみじうどん(鹿肉が入っている)を食べた。
d0129252_23535892.jpg


入浴と食事時間を除くと、美波町から高知市(自宅)まで126kmを2時間ちょっとで走っていた。これは室戸経由の美波町行きと比べて1時間以上早いタイムです。もちろん冬タイヤ(スタッドレスタイヤ)が必要です。
[PR]
by r-yoshida_noa | 2014-01-19 23:58 | ウルトラマラソン
10月19日(土)に四万十市に行ってきました。
第19回四万十川ウルトラマラソンの応援と前夜祭のためです。
昨年と今年、連続して抽選に外れ、今年は何とかして月間走行距離を稼ごうと大会当日の自主ランニング?を計画しました。

土曜日は四万十川橋(通称 赤鉄橋)下にテントを張り、食事ができるようテープルやイスをセッティングしました。全国から四万十市に集まるランナー(特にUMMLと呼ばれるウルトラマラソン愛好者)を迎える「土佐の宴」と銘打った「おきゃく」です。愛媛、香川、高知、広島、大阪など総勢12~13名が集まってくれ、楽しい時間を過ごすことができました。
今年は直前に家内が風邪で来られなくなり、調理と給仕の両方でバタバタし、あまり良い料理ができなかったのは残念でした。
d0129252_14373134.jpg

d0129252_14375392.jpg

d0129252_1438970.jpg


午後9時におひらきとし、皆が帰った後片付けをしましたが、横になったのは11時半を過ぎていました。翌日は朝からテントやイスなどを車に積み込み、赤鉄橋から江川崎のカヌー館往復を目標に走りました。
d0129252_14394693.jpg

スタートが6時40分と少し遅くなり、夕方に知り合いのお通夜が入ったので、35kmか4時間走って引き返すというプランで、ジョギングを始めました。当日は例年にない曇天で、涼しい風が吹いたり、小雨が降って走りやすい天候でした。
四万十大会のコースを逆走するのは初めてで、新鮮でした。途中すごいスピードで走る1位の選手(原良和さん)とすれ違いましたが、2位以下を大きく引き離していました。彼は昨年に続いて2連覇を果たしていました。
d0129252_1441193.jpg

d0129252_14504490.jpg

岩間の沈下橋を過ぎてカヌー館まであと3kmぐらいの赤色の鉄橋先でUターンをしました。この時GPS付きの腕時計で、35.2km、3時間50分でした。
帰りに60kmの部のトップランナーにも追い抜かれましたが、そのスピードは100kmの部の原さん(記録6時間48分)とあまり差がないように感じました。
d0129252_14511890.jpg

帰りは誘導に従って2度迂回路も通りましたが、大会役員からゼッケンを付けていない人はコースに入らないように注意されたので、右側通行で赤鉄橋に帰りました。もちろんエイドステーションには一度もよらず、ザックに入れた水筒と手持ちの食料、自販機のコーラやジュースで走りました。途中誤って腕時計のスイッチに触ったらしく30分ぐらい止まっていましたが、ゴール時間から逆算するとスタートから8時間13分かかっており、距離は71.0kmと判断しました。
d0129252_14531578.jpg

d0129252_14533392.jpg

次回一人マラソンをやるときには大会コースではなく、四万十市から土佐清水市までの往復約70kmが良いのではと考えています。四万十市から江川崎に向かうコースはどうしても大会コースと重なってしまいます。
d0129252_14535264.jpg

赤鉄橋下キャンプ村も今回、市の公園整備の職員が来て、ここでのキャンプやテント張り、バーベキューなどは禁止ですと言われました。近くのアパート住人の苦情が出たようですが、今まで10年以上ここでテントを張っていて注意されたことは一度もありませんでした。
今回は見逃してもらいましたが、次回テントを張るときは対岸(四万十川の右岸)の緑地を候補地に考えています。その時には前夜祭の会場が遠くなります。なかなか今のキャンプ地より良い場所を探すのは難しいと思います。

公式には四万十川キャンプ場という届け出制のキャンプ場があり、ここは無料で使用することができるそうで、一つの候補にはなるかと思います。
赤鉄橋より少し上流の右岸(赤鉄橋下キャンプ村は左岸)です。いずれにしろ来年までに下調べが必要です。
 http://www.city.shimanto.lg.jp/kanko/leisure/camp.html
 http://www.youtube.com/watch?v=Uimnen_tGuk
 
[PR]
by r-yoshida_noa | 2013-10-24 14:58 | ウルトラマラソン
昨年に続いて第2回小豆島・寒霞渓100kmウルトラ遠足(とおあし)に参加してきました。
昨年より暖かいスタートでしたが、昼からは暑くなり、エイドとエイドの間ののどの渇きに苦しみながら完走しました。
タイムは昨年より30分近く遅い12時間56分でしたが、参加者520名中95位と、還暦を過ぎたランナーとしては上出来でした。家内もバスで移動し、応援してくれました。標高700mの寒霞渓まで一気に上り、後半の86キロ地点からもアップダウンの多いコースでしたが、昨年より少し慣れたため、歩いたり走ったりの半日でした。
次は7月のひわさうみがめトライアスロンですが、5月の連休にどこかで走りたいと思っています。
d0129252_127952.jpg

d0129252_1210127.jpg

d0129252_12101399.jpg

d0129252_12103214.jpg


帰りにオリーブの苗木4本(ミッション、マンザニロ、ルッカの3種類)を買ってきた。
5~6年後に実がなったら塩漬けにしたり、オリーブ油がとれたらすてきだと思っています。

☆ミッション(Mission)
 アメリカから導入された、ピクルスやオイルに利用される品種
 バランスの良い樹形から、庭木・観賞用としての需要が高い
☆マンザニロ(Manzanillo)
 スペイン原産で、ピクルスやオイルに利用される品種
 実つきは良いが、自家不結実性、樹高は低めで、栽培しやすい
☆ルッカ(Lucca)
 オイル用の品種で、自家結実性がある
 他の品種の受粉樹としても利用できる
[PR]
by r-yoshida_noa | 2013-03-09 22:36 | ウルトラマラソン
3月10日(土)の第1回 小豆島・寒霞渓100kmウルトラ遠足(とおあし、と読む)に参加し、無事完走しました。
コースは小豆島を半周するアップダウンの多いコースで、途中寒霞渓という島一番高い山にも登りました。四万十川ウルトラマラソンのコースより遙かに厳しいコースでした。
土曜日朝2時半に起き、3時半にホテルロビーに集合しました。
d0129252_11431260.jpg

出発会場ではいつものUMML(ウルトラマラソンメーリングリスト)の仲間たちと記念写真、美都子も応援グループに入って応援です。
d0129252_11443348.jpg
d0129252_1144212.jpg

朝5時ちょうどスタート、長い一日の始まりです。走っている途中では結構暑いのですが、気温が低く、登り坂を歩くと寒く感じます。寒霞渓の頂上付近は寒く、昨日の雪がまだ残っていました。
d0129252_11451314.jpg

d0129252_11452824.jpg

12時間28分と予想より早いタイムでゴールできました。月間走行距離80kmにしては十分な成績です。
d0129252_1210556.jpg

翌日は車で寒霞渓に上りましたが、震え上がるほど寒かった。
d0129252_12115165.jpg

せっかく小豆島に来たのだから、といくつかの醤油工場を回りました。マルキン、金両、そして最後にコタンで扱っているヤマロク醤油を見学しました。
d0129252_12132014.jpg

木の樽(杉樽)にこだわり、昔ながらの製法で作っている醤油メーカーで、他の近代的な工場にはない深い味わいがありました。
d0129252_12164188.jpg
d0129252_12165586.jpg

5代目のご主人の説明を聞き、これからもこの醤油を使っていきたいと思いました。
d0129252_1219262.jpg

それぞれの土地で暮らしている3人の息子たち一家にこれらの醤油を送りましたが、ネットでも購入できるようですから、「ヤマロク醤油」で検索してみて下さい。
最後に3月11日(日)読売新聞の香川版に載ったこのマラソンの記事にUMMLのメンバー3人が載っていたので転載します。
d0129252_8464219.jpg

d0129252_847196.jpg

[PR]
by r-yoshida_noa | 2012-03-21 11:33 | ウルトラマラソン
10月16日(日)に開催された第17回四万十川ウルトラマラソン(100kmの部)に参加し、今年も何とか完走できた。第3回から参加し、途中1回の抽選漏れがあって走れなかった。この年をのぞき、14回の参加中、1回は視覚障害者の伴走で95km地点で関門にかかり、完走できなかった。今回完走したことで、四万十100kmについては13回目の完走になる。その間、徐々にタイムは落ちてきたが、14時間内で完走することができる間は参加していきたい。
 写真は大会の公式前夜祭の様子。全国からあつまったUMML(ウルトラマラソンメーリングリスト)のメンバーと集合写真を撮った。
d0129252_1661524.jpg

そのあとは赤鉄橋下キャンプ村で私的な前夜祭を開いた。北は北海道からきたランナーも加わり、酒を飲みながら旧交を温めた楽しい時間だった。
d0129252_1557381.jpg
d0129252_15564085.jpg

翌日16日は午前3時に起きて、午前5時の出発に間に合うよう、出発地点の蕨岡(わらびおか)中学校に向かった。長い、ながい1日、わくわくするような1日の始まり。
d0129252_1604748.jpg
全国からあつまったUMML(ウルトラマラソンメーリングリスト)のメンバーと集合写真を撮った。
d0129252_1621456.jpg
d0129252_162242.jpg

途中ハチに刺された人の手当など少し時間がかかったが、無事12時間25分で13回目の完走を果たした
d0129252_1644127.jpg

昨年に続いて応援に来てくれた妻に感謝!
[PR]
by r-yoshida_noa | 2011-10-17 23:31 | ウルトラマラソン
昨日の17日(日)、第16回四万十川ウルトラマラソンに参加してきました。四万十だけでも13回目の参加で、過去1回のリタイア(途中棄権)があります。このときは視覚障害者の伴走でしたから、彼が走れなくなり、95.8km地点で時間切れになりました。今回12回目の完走を目指して走りました。

大会の前日には公式の前夜祭があり、そのあと自分の泊まっている赤鉄橋下キャンプ村で二次会が開かれた。
d0129252_22522174.jpg
d0129252_22523299.jpg
d0129252_22525956.jpg
d0129252_2253845.jpg

大会当日は朝から冷え込むこともなく、日中はかなり暑い一日となりました。
d0129252_2254678.jpg
d0129252_22542539.jpg
d0129252_22544069.jpg

記録としては昨年より20分早い、12時間50分でのゴールでした。
70km過ぎで足が痛くなり、痛み止めやスプレーで治療しましたが、帰ってみてみると赤く腫れており、シューズが当たったのが原因でした。
d0129252_22593230.jpg

今年の大会はこれで終わりですが、また来年の大会を目指し、準備をしていこうと思っています。では、また。
[PR]
by r-yoshida_noa | 2010-10-18 23:01 | ウルトラマラソン
第14回四万十川ウルトラマラソン(100kmの部)に参加してきました。
前日は例年通り赤鉄橋下キャンプ村に泊まり、全国から集まったウルトラマラソン愛好家と酒を飲みました。高知から持参したカツオのタタキ、りゅうきゅうの酢の物、クジラの煮物、芋けんぴなどを出して歓迎しました。酒はしらぎく純米吟醸、安芸虎山田錦(純米酒)、「自由は土佐の山間より」を持参しました。北海道から届いた鬼ころし(国稀酒造)もおいしかったです。
d0129252_2043061.jpg

d0129252_20431834.jpg
d0129252_20432749.jpg

翌朝はUMML(ウルトラマラソンメーリングリスト)の仲間たちと写真を撮った後、朝5時半にスタートしました。
d0129252_20525394.jpg
d0129252_2053686.jpg
d0129252_20531614.jpg
d0129252_20532541.jpg

当日の朝は薄曇りでも、昼からはカンカン照りで暑く、タイツで走るには暑すぎる気温でした。
昨年より1時間以上遅い12時間47分で四万十10回目の完走を果たしました。
d0129252_23212239.jpg


後はそのままテント場に帰り、テントを撤収して12時前に高知に帰り着きました。
[PR]
by r-yoshida_noa | 2008-10-25 20:57 | ウルトラマラソン
d0129252_1620596.jpg
10月14日(日)に開催された第13回四万十川ウルトラマラソンに参加してきました。
弟と二人で出かけましたが、今年はまえおかさんも中原さんも参加できず、少し寂しい四万十です。

前夜祭では今年からビールが出されなくなり、コンビニで買って飲んでいる人もいました。目玉は今年はじめて出されたカツオたたきの実演でした。ただ参加者が多いため、皿に盛られたタタキはすぐなくなり、一切れも食べられないランナーもいました。
d0129252_16144644.jpg

前夜祭後にはテントを張った赤鉄橋下に移動し、カツオのたたき、クジラの肉じゃが、新高梨(にいたかなし)、土佐の芋ケンピ、土佐焼酎「海援隊」(米焼酎)、自家製ビール(自ビール)など、土佐の名物?を用意しました。
大阪、札幌、岡山、香川など全国のランナー、総勢15名の楽しいパーティでした。
翌日のレースがあるので午後9時にはお開きとしましたが、皆さん翌日の二日酔いは大丈夫だったでしょうか。
d0129252_16153552.jpg

当日は小雨まじりのスタートでしたが、堂ヶ森を越えるあたりから雨もやみ、日中もあまり温度は上がりませんでした。ここ数年の暑さに比べれば、好条件だったと思います。
d0129252_16224493.jpg
d0129252_16225972.jpg
秋の四万十川の瀬の様子をよく観察したのは、11月にここをカヌーで下りたいと思って
いるからです。こんなに一生懸命四万十川を見ながら走ったのは初めてでした。
d0129252_1624277.jpg

僕は60km手前で追いついた渡名喜@那覇さんに伴走していただき、最後まで
気力が切れることなく、昨年より良いタイムでゴールすることができました。
d0129252_162562.jpg

d0129252_16203284.jpg

[PR]
by r-yoshida_noa | 2007-10-16 17:17 | ウルトラマラソン